MacBook Retinaディスプレイモデルのファーストインプレッション

いまどき5万くらいのパソコンならどこへいってもある・・・そんな印象だけど、さすがに15万ともなると何かしらの要素が尖ってないとなかなか買うということはないよね。

ここ数ヶ月くらい「新しいパソコン欲しいなー」と思っていたところで、Surface 3 と MacBook でめちゃくちゃ悩んでいたけど、MacBook を買ってしまいました。
ということで、数日使ってみたところでのファーストインプレッション的な感想です。

・・・とにかく小さい!

MacBook early 2015

ちょうど先日修理から帰ってきた MacBook Pro (early2011) モデルと iPad (3rd Gen.) モデルの箱があったので比較。
ディスプレイサイズの違いとかは置いておくとしても、4年でここまで変わるかよ・・・。

本体

とにかく小さい、そして軽い!
第3世代の iPad と比較するとほとんど変わらないというのがw

重さとしては iPad の方が軽いはずではあるけれど、感覚的にはむしろ重く感じます。

たまたま近くにあった Apple デバイスと適当に画像で比較。

vs MacBook Pro (early 2011)

MacBook early 2015

vs MacBook Air (early 2015)

MacBook early 2015

前々から Air は持ち運ぶのに便利そうだなーと思ってはいたけど、MacBook が発売された現在だと Air でも億劫になりそうです。

ディスプレイ

Retina 綺麗すぎるよー。

MacBook early 2015

もうこの一言に尽きる。
しばらく MacBook で作業をした後で MacBook Pro に戻ると粗すぎて。
Retina に慣れると本当に戻れなさそう。

それくらい綺麗です。

キーボード/トラックパッド

キーボードは最初は打ちにくいかなーと思っていたけど、慣れてくると思った以上に打ちやすい!
押してる感覚がちゃんとあるし、今までより若干早く打てているような。

Force Touch 対応のトラックパッドはまだこれからみたいな感じな印象。
対応アプリが増えれば増えるほど効果が現れてきそう。

動作感

Sundy の Core i7 なのにメモリが4GBのおかげで常時メモリスワップ状態の MacBook Pro と比べれば快適そのもの。
まあ、メモリ増やせよ! みたいなところではあるけどw

8GBメモリ+PCI-e直結SSDな MacBook の方が動作の快適感は上かもしれないです。
そもそも重たい作業をさせる気がない(なるやら Pro でやればいいじゃん)ので、上手く機能分離ができそうな感じ。
むしろ手持ちの iPad の存在意義がなくなりそう。

全体感想

Surface 3 と迷っていたというところもあって、

  • 持ち運びが容易(もう Pro はしんどい)
  • 文章を書いたりなど、日常的な作業ができる
  • 重たい作業をさせる気はなし

という条件が満たせるのが最低条件。
これを満たすデバイスの選択肢がなかなかないというのが個人的にはビックリだったなー。

MacBook に関してはとにかく拡張性がないというのは言われているけど、無線ネットワーク環境さえあればほとんど問題が解決してしまう今、ここまで割り切ってしまうのもアリなのかなーと。

Retina ディスプレイが感動的に綺麗だし、なによりも MacBook Pro というとてつもなく重いモノを持ち運ぶ必要性がなくなったのがよいよい。

値段こそわりと高いとは思うけど、本当に “the future of the notebook” になりそうなデバイスだなーと思いました。