好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~ 公開初日スペシャルイベント

at Zepp Tokyo
2016.12.17 (土) 開場 15:30、開演 16:00

前回の映画と同様、公開初日スペシャルイベント。
幕張で見る映画というのはなかなかの意味不明さだけど、Zepp だとその意味不明さは若干減ったかも。

ということで、会場は Zepp Tokyo 。
最後尾だったからもう少し自由にさせて欲しかった。

参考記事:HoneyWorks presents「ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~」公開初日スペシャルイベント | ミネルバの徒然なるままに

イベント内容は本編上映+舞台挨拶+朗読劇+ライブと盛りだくさんな内容。
ライブビューイングがあるのに時間ガバガバなのは本当によくない。

本編上映の感想は既に書いているので置いておくとしても、ライブハウス音響すごい・・・。
やはり低音の響き方が半端じゃないなーと。
映画で低音といえばシネマシティのイメージだけど、こっちは極爆じゃないのねー。

舞台挨拶はキャスト+乃木坂46のメンバー。
しかしここで乃木坂のメンバーは必要だったのか。
こっちはキャストの話が聞きたいのであってですね・・・。MC の下手さも相まってわりとひどい。
しかし Gero くんってやっぱりあの Gero くんなのねw めっちゃ笑ってしまったw
松岡くんわりとわけがわからない感じになっていたし、男性キャストで登壇者少なかったけど、3人とも濃い。

朗読劇は虎太朗の誕生日サプライズをするという内容。
もちょがセンターにいるというので、改めて「主人公なんだなー」ということを実感したよね。
最後の花江くんが台本をバンって落とすところまで、劇という点でみれば良かったなーと。

最後はライブパート。
前と同じく、ここまでとここからでガラッと舞台構成が変わるというか。
セットリストは以下の通り。


セットリスト

1. 恋色に咲け / CHiCO with HoneyWorks
2. 告白ライバル宣言 / sana
3. 今好きになる / 麻倉もも
4. 花に赤い糸 / 麻倉もも

5. ヤキモチの答え-another story- / 阿澄佳奈
6. 告白予行練習 / 戸松遥
7. 病名恋ワズライ / 戸松遥
8. 初恋の絵本 / 豊崎愛生
9. 未来図 / 豊崎愛生

10. 金曜日のおはよう / Gero
11. 日曜日の秘密 / CHiCO & sana with HoneyWorks
12. これ青春アンダースタンド / CHiCO & sana with HoneyWorks
13. センパイ。 / TrySail

EN. 東京サマーセッション / CHiCO & sana with HoneyWorks

『好きになるその瞬間を。』男性声優陣が感情移入したポイントとは | アニメイトタイムズ

*歌唱者名は独自追加、あっているのか・・・?


前回もそうだったけど、生バンなのがとにかくアツい。
もちょの「花に赤い糸」はその効果でより迫力があったなーと。
リリイベでしか聞いていなかったけど、そこを含めても今までで一番良かった。

TrySail もまだライブでは生バンドはないし、恐らく聞けるとしたら「リスアニ!LIVE」とかになるんだろうけど、サビの部分とは盛り上がるなーと。
今回の MV がドラマ仕立てということもあって、ダンスが入るとまた違った良さがある。

あすみんがソロで歌っているのを聞くのホント何年ぶりなんだろう。
まったく本編関係ないところでは、愛生ちゃんがあすみんと呼んでいるのがおおっとなったけど、そういえばしゅごキャラ!・・・あっ。

キャラクターのソングという意味では前回とわりとセットリストが被っているところもあるけど、前回はいちおうにも LV だったし、生で聞けた感は前回以上。
イベント全体で見ると粗があるなーという感がまったくないわけでもなかったけど、ライブの極一部だけでそのマイナスは十分に補えたのかな。

Tweet などまとめ

麻倉もも『好き瞬公開~!!!』

戸松遥『好き瞬。&妖怪 公開!』

豊崎愛生『『好きになるその瞬間を。』』

雨宮天『好きになるその瞬間を。』