at ユナイテッド・シネマ豊洲
2016.12.18 (日) 開演 09:45・12:00
at TOHOシネマズ船橋
2016.12.18 (日) 開演 13:20

at MOVIXさいたま
2016.12.18 (日) 開演 15:55・18:10

好き瞬、2日目の舞台挨拶は5回まわしという2016年ラストにしてしんどさを更新!
とはいえ、たった1ヶ所がめんどくさかっただけだったりする。

会場は「ユナイテッド・シネマ豊洲」→「TOHOシネマズ船橋」→「MOVIXさいたま」。
まさか SSA 以外の目的でさいたま新都心駅へ行くことになるとは・・・。


2日目の舞台挨拶の MC はアメリカザリガニの柳原さん。
・・・勝った!

いや、もうどれだけ嫌いなんだっていうのは置いておくとしても、ツッコミがさすがである。
後半に向かうにつれてどんどん面白くなっていったなー。
まだ豊洲のときは無難な感じではあったけど、それが船橋→さいたまと行くにつれてどんどんツッコミとトークが冴えていっている感じ。

上映前の舞台挨拶は豊洲とさいたまの2回。
どっちの回も、もちょとナンスの容赦ないネタバレ特攻はやばかったw
1日目と違って、両脇(柳原さん・天ちゃん)でちゃんと抑えがいたからセーフになっていたような。
ツッコミで「崖」という表現を使っていたけど、もうナンスは落ちそう。

曲に関するトークでは前日の Zepp Tokyo のイベントを踏まえた話だったりが、すぐに聞けたあたりも良かったですなー。

「センパイ。」に関するトークでは柳原さんの圧がすごかったw
船橋以降、特にトークのボリュームがどんどん厚くなっていった感。
ラストのさいたまに至っては、パンフレットに載っている歌詞を見つつのトークで、「半分リリイベだっけ?」というくらいのトーク量だったけど、普段のレコーディングの様子とはコラボということも相まって違う感じになっていた! というのが聞けたのがこの辺りは印象的。

その中でも、柳原さん一押しのAメロ・ナンスの「バカ」のくだりは特に面白かった!
この辺りから「バカ担当ナンス」(いろいろ抜けてる)が定着した感じがするような。
そして船橋とさいたまでナンスのツボの入り方がちょっとかわいいなーと感じてしまった。

他にも冒頭の歌詞の振り分けの話だったり。あまり強く意識して聞いていなかったけど、天ちゃんが思わずドヤになっているのがw
TrySail 3人でいる分、もちょが安心しきっているのか「たしかに」が初日とは増えていたような気がする。

さいたまは色々あって もちょ可愛い という感想がずっと脳内を巡っていたけど、もうそれは仕方がないことで。
仕草とかもほーという感じで少し気になってしまった。しかし萌え袖がグッときた。


初日2+1回、2日目5回の計8回でホント色々な話が聞けたなーと。
さすがにこんな短期間でここまでの回数を見る作品というなんてそうそうないけど、話を聞きつつ、それを作品の見方にフィードバックさせるというのはある意味斬新で新鮮な見方ができたのかも。
その辺も含めて、初日舞台挨拶に書いた感想に繋がっているような。

今回はもちょアニメ初主演ということもあって、回ろうかなーと思ってしまったけど、まあなんだかんだで楽しかったですなー。
18きっぷのめんどくささも含めて、楽しんでいた気が。

ということで、7回分の舞台挨拶の記録。
「扇が作れそう」。

Tweet などまとめ

麻倉もも『好き瞬舞台挨拶~』

雨宮天『好きになるその瞬間を。』

夏川椎菜『好き瞬舞台挨拶!』